ベッド を 送る

ベッドを送るために1番簡単で格安な方法

ベッド 送る 費用

ベッド 送る 価格

ベッド 送る 料金

ベッド 送る 見積もり

ベッド 送る 安い

 

ベッドは大きくて重いので困っている・・・。

 

そんなあなたに、簡単にベッドを格安で送る方法を教えます。

 

引越しのプロは、大きなベッドを運ぶためにまずベッドを分解します。
新居に運んだ後、ベッドを組み立てるのです。

 

分解も組み立ても1人で行うには時間がかかるため、この作業を素人が行うと1日がかりになってしまいます。

 

怪我をしたり、ネジが余ったり、いろいろなトラブルも多いですから、ベッドの運搬はプロにお任せしましょう。

 

できるだけ運搬費用を抑えたいなら、引越し業者一括見積もりサイトがオススメです。

 

ベッド 送る

 

1度の情報入力で、複数の引越し業者からの見積もりを取ることが出来ます。

 

ベッドの運搬費用の相場や1番安い業者が一目瞭然です。

 

べッドだけを送りたい場合でも、引越し業者が請け負ってくれますので、ぜひお気軽にご利用ください。

 

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越し業者の繁忙期とは?

 

引越しの繁忙期

 

 

引越しの料金は1年中いつでも同じ値段ではありません。
同じ距離、同じ荷物の量で引越しをしても、繁忙期と通常期では値段が違うのです。
これはベッドのみを運びたいときも同じです。

 

繁忙期というのはズバリ3月のことです。
3月は1年で一番引越しの件数が多くなり、引越し業者はどこも猫の手も借りたいほど忙しくなります。

 

なぜなら日本では4月から新学期を迎えるため、新大学生が大学の近くに引越ししたり、新社会人が会社の寮に引越ししたりするからです。
そしてそれだけではありません。
多くの会社では春と秋に人事異動があります。
春の人事異動がちょうど4月の新学期前に行われるのです。

 

転勤の辞令が出たサラリーマンとその家族の引越し、単身赴任をするサラリーマンの引越しもここに加わります。
これだけ多くの引越し理由が3月にあるのですから、繁忙期は大忙しなのです。

 

この時期に引越ししたり物を運ぶ場合は、早めに見積もりを取って引越し業者を押えておきましょう。

 

 

引越しが安くなる条件

 

引越し安く

 

引越しの費用は、荷物の量が同じであればどの月に頼んでも料金が同じというわけではありません。
引越しの費用を決める要素が多いので、そんな単純な話ではないのです。

 

1年のうちで引越しの件数が最も多いのは、3月です。
3〜4月は繁忙期と呼ばれ、日本中で新学期のために最も多くの人が移動する時期なので、この時期はどうしても引っ越しの料金は高く設定されています。
時期にこだわりがないなら、3月の引越しは避けましょう。

 

そして他にも土日祝日、午前中に引越ししたいという人は多いため、平日に比べると引越しの価格が高めです。
引越ししたい人が多い時期が高いというよりは、人気のない日が割引になって安くなるのです。

 

可能であれば、平日の午後の引越しがオススメです。
午後便もそうですが時間指定をしないフリー便も、安くなる可能性が高いんのでオススメです。

 

もし友人が引越しを手伝ってくれるなら、トラックとドライバーだけを手配するチャーター便を使うことができます。

 

軽トラックをレンタルするという手もありますが、素人が沢山集まっても荷物を荷台に上手に載せることが出来ず、何度も往復することになったりレンタルの時間内に作業が終わらないなど案外ゴタゴタする可能性もあります。

 

遠距離の引越しは費用が一番高額です。
もし時間に余裕があるなら、同じ地域に運びたい荷物をまとめて運ぶ混載便という手もあります。
これは配送までに時間がかかるかもしれませんが、費用がかなり抑えられます。

 

一人暮らしなら単身パックなども利用できますね。
引越しの費用を安くしたいなら、条件を見直ししてみませんか?

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しではすることがとても多いですから、まずは簡単な手順を先に確認しておきましょう。

 

引越し業者を早く決めておきたいところですが、新居が決まってからでないと見積もりの受付をしてもらえません。
なぜなら新居の情報も引越し料金を決める要素になるからです。
ですから見積もりのタイミングは、新居が決まったらすぐに依頼しましょう。

 

荷造りは時間に余裕を持って行いましょう。あまり使わないものや季節外れの衣類などからどんどんダンボールに詰めていきましょう。
そしてもし不要品が出たら売る・あげる・捨てるなどして、できるだけ引越し前に処分してくださいね。

 

市外引越しの場合は引越しの2週間前から役所に「転出届」を出すことが出来ます。
出し忘れると手続きが煩雑になりますので、お忘れなく。
ほかにも健康保険や年金、児童手当など役所関係の書類があればついでに出しましょう。

 

電気・ガス・水道は1〜2週間前に各会社に引越しの旨を伝えて、引越し日までの料金の精算方法を教えてもらいましょう。
同じ市内での引越しであれば、同じ会社で新居の電気・ガス・水道を使えるようにしてもらってくださいね。

 

引越しによって郵便物が届かなくなったら不便ですね。
郵便物の引越しは、最寄りの郵便局で「転居届」を出せば1年間だけ新居に転送してくれます。
その間に引越ししたことを友人・知人・各所に連絡してくださいね。

 

さていよいよ引越しですが、だいたいは引越し業者にお任せです。家財の配置だけは指示をしてくださいね。

 

ただし自分で運ばなければならない荷物がいくつかあります。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものは自分で運びましょう。

 

引越しが終わったら2週間以内に新居に最寄りの市町村役場で転居届(市内引越しの場合)か転入届(市外引越しの場合)を提出します。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険会社、銀行やクレジットカードなどの住所変更をしましょう。
これらを忘れると大事なお知らせが届かくなったり、いざという時にサービスが受けられなくなったりするのでお忘れなく。

 

 

引越しのオプション

 

ベッド 送る オプション

 

引越し費用のオプションとは以下のようなものです。
オプションは有料のサービスのことで、必要な方だけ見積もりの際に依頼するものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

この中で多いのは、@のエアコンの移設です。
賃貸の場合でもエアコンはもともと部屋に付いていないところもまだまだ多いです。
その時は自分で購入して取り付けますから、引越しの際には新居にも持って行きたいと思いますよね。

 

しかしエアコンは配線・配管が複雑なので電気事業者でないと取り外しができません。
引越し業者に依頼すれば1回で済みますが、直接電気屋に連絡すると旧居で1回、新居でも1回、合計2回連絡して来てもらう必要があります。
同じくらいの費用であれば、引越し業者にオプションを依頼したほうが簡単なのです。

 

荷物の一時預かりなどは、家の建替えやリフォームで仮住まいに入居するなどの理由で一軒家分の荷物を預かってくれるサービスです。
仮住まいに家財を入れるために大きな部屋を借りるのは勿体ないですから、とても助かるサービスです。

 

 

ベッドをトラックのレンタカーで運ぶ

 

レンタルトラック ベッド

 

レンタカーを借りて自分でベッドを運んだら費用は安くなるのでしょうか?

 

普通免許で運転できるトラックは2t未満です。
2t未満のトラックは1tトラック・1.5tトラック・軽トラックのいずれかです。

 

1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
1.5tトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

どのトラックにするのかは荷物の量によって決めましょう。

 

軽トラックの荷台の長さは、ダブルベッドのサイズとほぼ同じくらいです。

 

シングルベッドかセミダブルなら、もしかしたらそのまま運べるかもしれませんがやってみないと分からないところが怖いですね。
荷台よりも大きいベッドは、やはり一度分解して運ばなければなりません。

 

ちなみに軽トラックのレンタル料は1日7000円〜10000円ほどかかります。
そして最後にガソリンを満タンにして返却しなければなりません。

 

近距離であれば1日もあれば充分ですが、遠距離の時は自分でベッドを運ぶメリットは少ないようです。

 

レンタカーは借りた営業所と違う営業所に返却することも可能ですが、結構な金額の手数料がかかります。
2つの営業所の距離が遠ければ遠いほど、手数料は高くなります。

 

 

住民票をうつすとは?

引っ越しの際に役所で提出しなければならない書類がありますが、ご存知ですか?
引越しには同一市内での引越しとその他の引越しとがあります。同一市内での引越しの場合は引越ししてから14日以内に転居届けを提出すればいいのですが、そうでなければ引越し前にも提出しなければならない書類があります。単身の引っ越しであっても家族の引越でもそうですが、準備をして手続きをすみやかに行うには手順がポイントとなります。

 

1.同一市内での引越し

同じ市内での引越しであれば、役所への事前の手続きは不要です。まずは荷物をまとめたり、不用品を処理したりととにかく引越しを頑張ってください。値段を激安にするには市の案内をよく見て事前に予約して処分することで格安にすることができます。一覧になっているチェックリストを見て無料のものから比較していくと安くひつこしをすることができますので、おすすめです。
そして引越し後には14日以内の役所に赴き、転居届けを提出しましょう。
基本的には本人か世帯主しか提出できませんので免許証や国民健康保険被保険者証などの身分証と印鑑を持って行きましょう。ほかにも住民基本台帳カードも持っておいてください。
本人・世帯主がどうしても行けない場合は、委任状を持った代理人にお任せすることもできます。代理人は身分証と印鑑が必要です。
小さなことかもしれませんがやっておかないとあとから依頼して手続きするのは時期から考えても厳しい状況になってしまいます。
前の家に空きができてしまっている時期だとおまかせで依頼しても料金的にもかかってしまうので時期を考えて連絡をとりながら段取りしていきましょう。

 

2.市外への引越し

もし市外へ引越しする場合は、引越し前に転出届を提出しなければなりません。こちらも本人か世帯主、委任状を持った代理人が提出できます。
持参するものは同じく免許証などの身分証・国民健康保険証・印鑑です。引越し日の14日前から提出することができます。
いつまでにどのようなことををするかすぐに決めて余計な代金がかからな無いようにらくらくすすめるコツとなります。
もしうっかり転出届を提出せずに引越ししてしまった場合は、郵送でも手続きすることができます。必要な書類に記名、捺印をして身分証のコピーを添付して役所に送れば、数日後に証明書が送られてきます。
ただ期限の14日を超えてしまうととても面倒なことになりますので、市外へ引越しする際の転出届はお忘れなく。
引越し後は転出証明書と身分証・印鑑・国民年金手帳・国民健康保険証などを持って、新居のある市町村役場で転入届を提出します。こちらは郵送は出来ないそうです。
家族がいたら病気になってしまったら大変ですので、注意して申請しましょう。安心して引っ越すにはいつまでにするか丁寧に考えて事前に動くやり方を手配しておくことが重要になります。

 

これでいわゆる住民票を移すという作業が完了となります。